全100回のIndexはこちら→

 第29回 「運動療法のご案内」

 今回の医療情報は、開設7年目を迎え、増改築を行った私達のクリニックの紹介をさせて頂きます。

 従来より診療と検診を同じフロアで行ってきましたが、この度上部階を拡張しヒロオカクリニック検診センターとして独立させ、より質の高い企業健診、人間ドックを目指す事となりました。またそれに伴い運動療法専門の部屋を常設し、チャックさんの健康カウンセリングセンターと提携し、より充実した運動療法が行える様になりました。

 従来、高血圧症だけが健康保険でカバーされる運動療法の対象となっていましたが、今年の4月の改正で糖尿病、高脂血症にまで保健適応が拡大され、より多くの患者さんが運動療法の恩恵を受ける事が期待されます。健康な方と異なり、疾患を持った患者さん達の運動ですから、それぞれの疾患の重症度、年令、体力にあった運動を処方する必要があり、事前にライフスタイルの問診、食事の栄養分析、厳密な心肺機能の測定、血糖値、コレステロール、中性脂肪、肝腎機能、体脂肪の測定を行い、運動療法開始後も定期的にこれらのデータがどの様に変化していくかを追跡していきます。

 これらの運動療法は最大の効果をあげる事と事故防止の面から運動の専門のトレーナーが常にマンツーマンで指導し、医療チームも常に待機するか、一緒に行うかしています。又、従来より脳梗塞で四肢の麻痺を生じた患者さんが、入院中に理学療法士や作業療法士から受けていた機能回復訓練を退院後継続する目的で病院から依頼を受け、運動療法の形で行い実績をあげています。

 心筋梗塞や脳梗塞で退院され通院中の患者さんを対象に、リハビリ中の心拍数の持続的モニター、血圧の測定など厳密な管理の元で虚血性心臓病、脳血管障害の再発予防を考慮した無理のない効果的な訓練を行います。そのほか、肥満、腰痛、肩こり、膝の痛い方等、複数の方を対象に少人数のグループ制で、みんなで行う体操やセミナーも計画したいと思っています。

 クリニックのすぐ裏手に広大な新宿御苑が広がっており、芝生の上での準備体操・ストレッチと、都心にありながら森林欲をしながらウォーキング等、楽しみながらの有酸素運動、クリニック内の運動療法室での各種マシンでの筋力トレーニング等、色々なメニュウで対応致します。

 運動療法は完全予約制です。ご希望の方はクリニックで担当医師にご相談くださるか、直接チャックウィルソン健康カウンセリングセンターにお問い合わせください。(電話03-3293-5177)

前号  次号