全100回のIndexはこちら→

 第18回 「降圧剤とグレープフルーツ」

 以前もこのコーナーで述べましたが、最近では週刊誌、新聞、テレビなどを通じて数多くの健康や医学医療に関する情報が溢れています。その多くは正しく有益なものと思われますが、中には専門家から見ると首を傾げたくなるようなものもある様です。医学的知識の無い多くの人々に対して、確立されたものは良いのですが、仮説の段階の学説まで混ぜこぜで、何の規制もなく洪水の様に情報が流されている状況はあまり感心できる事ではありません。

 それぞれの分野の専門学会等の機関の意見を元に、正確なフィルターを通して一般の人に伝えるべきだろうと思います。学者と言っても曲学阿世の単なる目立ちたがり屋の個人的見解が、事実かのごとく垂れ流されている場合もあります。それを真に受けた善良な素人の方が健康上の実害を被ったとしても誰も責任を取るわけではなく、テレビのバラエティ番組や娯楽週刊誌の記事の健康談義を真に受けて信じるほうが悪いと片付けられる風潮が無きにしもあらずです。梅雨時はフラストレーションが溜まり、あまり良い精神状態ではないので、怒りの前置きとなりました。

 さて、最近血圧降下剤とグレープフルーツジュースの関係が話題になっています。某週刊誌や、人気のテレビ番組で取り上げられ、多くの患者さんから質問を受けます。そそっかしい患者さんがグレープフルーツとグレープを間違えて「この前までぶどう酒が健康に良いという話だったのに、今度は悪いと言う話で、どうなってるんです?」と詰め寄って来たのは極端でしたが、「私の飲んでいる血圧降下剤は大丈夫ですか?」とか「毎朝グレープフルーツやオレンジを食べているがやめるべきか?」等、数多くの質問を受けました。話題に意外性があった為、メディアが取り上げたのだと思われますが、この因果関係は現在までのところはっきりしていない事が多いのです。

 1991年BaileyがLancetという医学雑誌に報告して以来、各製薬会社のカルシウム拮抗剤という血圧降下剤の添付文書の相互作用併用注意という項目に、この薬剤とグレープフルーツジュース(グレープフルーツではない)を一緒に飲むと、薬剤の血中濃度が上昇し、血圧が低下する事があるという事が数年前から付け加えられました。

 血圧降下の機序に関しては、薬理学的に肝代謝系のCYP3A酵素がグレープフルーツに含まれるフラボノイド、トリテルペイノドなどの物質によって阻害され、カルシウム拮抗薬の吸収が高められ、血中濃度が2〜4倍になり、血圧が過度に下がると考えられてきました。各製薬会社ともこの阻害物質はグレープフルーツの果肉には無く、皮や皮のしたの白いふわふわした部分にあり、グレープフルーツジュースのみに注意を喚起してきました。

 ところが最近の研究でこの阻害物質が従来言われてきたものとは異なり、フラノクマリン誘導体という物資で、グレープフルーツの果肉に多く含まれ、他のオレンジ、ミカン、レモン、ザボン、ボンタン、夏みかんには含まれていない事が分かってきました。即ちジュースだけでなく、グレープフルーツその物も危険だという訳です。しかもこの果物やジュースを摂ったあと、その影響が10時間程度持続すると報告されました。又カルシウム拮抗薬を服用した後、胃腸に停滞している事を考慮して、2時間後まではこれらの果物を摂るべきではないとの実験結果が示されました。グレープフルーツ大好き人間で、30年近く毎朝グレープフルーツを欠かさない私にとっては大変困った話です。

 さて、これらは動物実験を元にした薬理学の話ですが、これらの事が臨床的に実際に我々ヒトではどの程度起こっているのでしょうか?

 カルシウム拮抗剤は世界中で最も多く使用されている降下剤の一つです。限られた種類の薬剤服用時に、水変わりにグレープフルーツジュースを同時に飲んで過度の血圧降下を見たというわずかな報告例があるのみで、幸いなことに、騒がれているほどの実例を聞きませんし、私自身も経験しておりません。天然の物資では阻害物質のばらつきが大きく、このような反応は個人によって感受性が大きく異なることが指摘されています。

 問題のテレビ番組ではカルシウム拮抗薬とグレープフルーツを摂る場合には、最低3日は空けるべきとの説が述べられたそうですが、調べたかぎり現時点では根拠はなさそうです。曖昧な情報が一人歩きし、次第に肥大し、ついには既成の事実となってしまう事のない様、製薬会社、薬学の専門家、臨床医が慎重に結論を出されるよう期待します。

 蛇足ですが、あのバイアグラも同じ酵素が関係しているとの事です。一戦前にグレープフルーツで元気づけしてバイアグラ服用の方が、危険が高いように思うのですが、いかがでしょうか?
  
【参考物件】
 山田哲夫:「グレープフルーツジュースの相互作用と服薬指導を考える」
 薬局 Vol.50、No.5、1999

前号  次号