全100回のIndexはこちら→

 第33回 「ウォーキング必需品」
 最近、朝や夜、町中や公園を軽装でトレーニングシューズを履いた方がたくさん歩いています。大変いいことだと思って感心しています。ウォーキングの時の注意点やペースについては何度か説明してきましたが、常々気になっていた事で、ちょうど出演した番組でも取り上げられていた、ウォーキングの際の持ち物についてお話ししたいと思います。

 フィットネスクラブや指導者がついて運動を行う時はいいのですが、一人でウォーキングを行う方で、特に40才以上か、なんらかの疾病や問題の改善の為にウォーキングをする方は、『万歩計・脈拍計・時計・携帯電話・小銭・水・自分のデータメモ』を持って歩いてください。

 万歩計や時計は、毎日のコンディションを知る目安になります。脈拍計は出来れば目標の心拍数を越えたらアラームがなるものを選ぶと便利です。自分のデータメモには『住所・氏名・連絡先・血液型・かかりつけの病院と担当医・病名・服用している薬』を記入しておきます。急に具合が悪くなったり事故にあったときに役にたつでしょう。

 又、常に歩くコースは一定にして、出かける時はそのコースと帰宅予定時間を家族に伝えておきます。夜歩く方は明るい色の服を着て、グループで歩く時は同じ体力の人と一緒に歩きます。いずれにしてもウォークマンは危険なのでやめましょう。

 自分のデータメモはウォーキング以外でも、現在なんらかの病気や服用薬がある方は常に持ち歩く事をお勧めします。

前号  次号