全100回のIndexはこちら→

 第27回 「挑 戦」
 最近、遺伝子研究等が進んで、様々な病気の原因が解明されたり、クローン動物が出来たり、人間の身体の治療法も多種多様に可能性が広がっています。科学の発達は目覚ましい物ですが、現在生きている我々がその恩恵を受けられる可能性はあるのでしょうか?
 一昔前には不治の病だった結核が、薬で簡単に治療できる様になって安心したのも束の間、新種のより強力なウィルスを持った結核菌が出現しました。他にも様々な有害な菌を除去してきた現代では、人間の抵抗力も弱まってしまい、弱いウィルスにさえ命を脅かされています。まさに人間の知恵と自然との競争の様ですね。
 しかし、お母さんの体内にいる間に危険因子を持つ遺伝子を治療する方法も、将来の科学的な治療法も、残念ながら我々がその恩恵を受けるのは難しいところです。そこで、手段は2つです。20年先、30年先に開発される画期的な治療法を受けられる迄頑張って生き長らえるか、現在考えられる方法で健康を維持するかです。現在の人間の身体は150才まで生きられる可能性があるそうです。
 あなたはどちらの可能性に挑戦しますか?

前号  次号