全100回のIndexはこちら→

 第38回 「バイタルエイジ」

 健康の一つの指標として『バイタルエイジ』というものがあります。これは体内的な健康の度合いと体力をいくつかの項目に渡って測定して、身体の健康年齢を調べる物です。測定項目は形態に加え、血圧・総コレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪・赤血球・酸素摂取量・心拍数・肺活量等の数値と、反復横跳び・平衡感覚等です。

 ある研究機関で、30才〜60才の日本女性を日本在住とアメリカ在住の方を対象に調査したデータが発表されました。結果はそれぞれのグループで

 【日本在住では実際の平均年齢が45才、バイタルエイジが44才】

 【アメリカ在住では実際の平均年齢が47才、バイタルエイジが50才】

というものでした。大体同じ様な車社会の地域の人を対象にした為、活動量は殆ど同じでした。大きくデータが異なったのは、『体重・脂肪率・コレステロール・中性脂肪』と『食事の内容と量』でした。

 言うまでもありませんが、日本人は体質的に太らないと思われがちですが、実は食生活の習慣が欧米化すれば、肥満度も欧米化してしまうという事です。既に日本人の食生活が欧米化している事は、かなり指摘されていますし、日本人の体質は食生活が欧米化すれば、欧米人より太りやすいという説もあります。やはり食事にはくれぐれも注意が必要な様です。

前号  次号