全100回のIndexはこちら→

 第42回 「運動の特典」
 減量をするときの運動の効果と特典について、改めてお話しします。と言うのも、既に分かっている様なのに、繰り返し研究が行われて、明らかな事実が発表されているからです。

 減量するときの運動の効果は、『リバウンドしない』『モチベーションが高まる』という二つで、他に体内的な効果と体力的な効果があります。最近、ある研究機関で減量の実験が行われました。被験者を2つのグループに分けて、一方は運動のみで1日に700kcal消費させ、もう一方は食事を700kcal減らしました。84日後、両方とも58,800kcal分の8kgの減量に成功しました。そこで、体内的な変化を測定してみると、運動で減量したグループでは、体脂肪の減少と筋量の維持又は増加が見られ、食事を減らしたグループでは体脂肪は変わらず、筋量の減少が見られました。

 この結果こそが、リバウンドするかしないかの理由になるのです。いまだに減量に関しては様々な方法論や特別な食品が出回っています。しかし、基本は
【摂取する量より消費する量が多ければ体重は減る】のです。食品の持つカロリーや脂肪分、摂取するタイミングや代謝による総量の違いはありますが、何がどう変わろうとも、摂取量が消費量より多ければ体重は減りません。

 さらに、どんな研究があっても、運動せずにいたほうが身体に良いという報告は未だありません。もちろんやり過ぎの場合は別ですが、くれぐれも減量に近道が無いと言う事をお忘れなく。

前号  次号