全100回のIndexはこちら→

 第51回 「検査マニア?」

 インターネットや様々な情報通信を利用した簡易的な血液検査などが増えている様です。他にも簡単に血糖値が測定できる器具や、毛髪から環境の影響を調べたり、遺伝子から体質を調べようという物まででてきました。

 皆さんが色々な面から自分の健康管理に興味を持つ事は大変素晴らしい傾向だと思います。反面、器械による血圧測定だと数値が上がってしまう方がいたり、採決するときに注射針に対してストレスを感じて体調を崩す方もいます。

 様々な検査が普及して、必要に応じて的確な結果が得られる事は、良い面ですが、逆に数値にこだわりすぎて、標準値に0.1足りないとか、数値を気にしすぎては精神面や体調にマイナスの面も出てきてしまいます。
 基本的には、次の点を心に留めておいてください。

 ●病院の健診や人間ドックの結果についてはお医者様の言う事を良く聞く事。
 ●簡易的な検査で、大幅に問題のある数値が出たときは、病院へ行く事。
 ●検査は定期的に受けて、その結果の変化を把握する事。

 いずれにしても検査は、試験ではありませんので、数日前から急に生活を調整したり、結果に一喜一憂する性質の物ではありません。出来るだけ普段通りの生活を続ける中で検査を受け、結果は客観的に見て行動を起こしましょう。

前号  次号