全100回のIndexはこちら→

 第67回 「国立病院の魔術」
 最近、新聞等でも警告されている『国立病院ダイエット』というものがあります。内容はゆで卵とグレープフルーツだけを食べる方法で、偏っており、間違ったダイエット法です。さらに、国立病院や他の病院は全く関与していないそうです。

 
この話しはさかのぼる事15年とも30年とも言われ、国立病院、デンマークの王立病院、米国のメイヨークリニック等が冠につき、広まってはすたれ、また注目されを繰り返しています。その度にそれぞれの病院や名前を使われた大学等が否定してきました。最近ではインターネットによって、間違った情報を流すサイト、否定して訂正するサイト、苦情を寄せるサイトと入り乱れているようです。

 このコーナーでも、偏った食品に頼るダイエットは間違いだと説明してきました。既に一般的にもリンゴやゆで卵、パイナップルと限定したダイエットは問題がある事は知られています。にも関わらず『国立』と冠がつき、『ゆで卵とグレープフルーツ』と2種類の食品にしてある所が、世間を惑わせているのでしょうか。

 
肥満は心の病気とも言われています。心の弱いすき間に入り込もうとしている怪しい魔術に引っ掛からないよう、くれぐれもご用心ください。

前号  次号