全100回のIndexはこちら→

 第81回 「選べるものなら」
 敬老の日を前後して、テレビや新聞に元気な高齢者達が紹介されていました。ある研究では、長寿の秘訣は低カロリー食で、寿命の長い人間では中々立証されていないものの、ネズミや猿では既に立証済みです。低カロリー食を続けた猿は普通の猿に比べ毛づやも良く、顔のシワも少なく元気そうでした。

 
一方、85才を越えてもパワフルな男性は、好きなものを好きなだけ食べるのが長寿の秘訣だと豪語していました。ギネスに載った世界最高齢の女性は「とっても健康で死ぬ気はしないわ」と話していました。

 いずれにしても、長寿でお元気な方は考え方が前向きで、年をとったことで消極的になってはいません。摂生して食事を控え、努力して健康を保っている方もいれば、好きなものを食べ(肥満はしていませんが)、好きなことをして、お元気な方もいます。ただし、このどちらにするかは好みで選べるものではありません。個人の体質や性格、生活習慣など取り巻く環境などによって何が適しているかは一概には言えません。

 
残念ながら、みんながみんな、どちらかの方法を好き勝手に選んだ結果、全員が長生きできるものではありません。だれもが思うことでしょうが、選べるものなら好き勝手して面白おかしく生きて、ぽっくり逝きたいものですよね。

前号  次号