全100回のIndexはこちら→

 第75回 「酒は百薬の…」
 桜も咲いて、春まっさかりです。この時期は暖かくなって、皆さん気持ちが明るくなりますよね。公園ではピクニックや花見の宴で、家族や友人達と美味しいものを食べ、飲んで、歌い、楽しいコミュニケーションをはかっています。

 さて、このお酒、アルコールについては最近新しい情報が発表されています。アルコールの特典として、血糖値・中性脂肪を下げ、脳卒中・心筋梗塞の発生を予防すると言うのです。但し、量が問題です。昔から酒は百薬等と言い、アルコールで体内を消毒するんだと言い訳しては飲んでいる方がいますが、当然飲み過ぎは逆効果です。飲みすぎれば肝臓を壊し、血糖値・中性脂肪を高め、脳卒中や心筋梗塞を引き起こします。要は「ほどほどに」と言う事ですが、この「ほどほど」がまた人それぞれに解釈されてしまいます。

 そこでいつも引用するのが、世界保健機関(WHO)が提唱する、「1日にワインを2杯程度、食事と一緒に飲む」と言うものです。これがまた中々守れない方が多いと思いますが、少なくともこの食事と一緒と言う点を守ってください。量も2杯から大幅に増える事のないよう、気をつけてください。

前号  次号