全100回のIndexはこちら→

 第10回  「え?運動楽しいかって?」
 僕は常々皆さんに運動をお勧めしています。そしてよく聞くのが「チャックさん運動して楽しいですか?」「運動を始めたけど、自転車こいだり重いもの持ち上げるのなんて面白くないよ」という声。
 確かに僕は室内でエアロバイクをこいでるとき、「わー楽しい」と思った事はないし、重いものを持ち上げるのも別に嬉しい訳じゃありません。では何故僕が運動をするのかというと、その効果が嬉しくて、成果に満足感が得られるからです。具体的に言うと、有酸素運動を行なう事で、もっと長く走ったりこぎ続けたりする事が楽にできるようになるし、血圧や安静脈数が下がって、自分の健康に自信が持てるんです。ウエイトトレーニングも同じで、筋肉が強く大きくなる事で、肉体に自信がついてくるんです。こういった内面的な事に加えて、外見的にも身体が引き締まって、自分の理想に近づく事で満足感が得られます。
 皆さんも運動する目的は、健康の為や減量であったり、筋力アップなど様々でしょう。しかしその目的の為の手段である運動は、それ自体はあまり楽しいものではありません。毎食後の「歯磨き」を想像してみてください。「歯磨きは嬉しくて楽しいから大好き」と思って磨いてる方はごく少ないと思います。虫歯を予防し、自分の歯と身体の健康の為に当たり前のように磨いていると思います。
 運動も同じ事です。自分の身体の健康の為に行なうものです。でも歯磨きよりは時間がかかるので、何か他の楽しみを見つけます。例えば、1時間自転車をこいだらよく冷えたビールをコップ1杯だけ自分へのごほうびにしようとか、減量中でもちゃんと運動できた週はケーキを1個だけ食べちゃおうとか。
 他にも、フィットネスクラブでは、友達を作ったり、仲間と一緒に運動する事で気を紛らせたり、誰か素敵な人に会う楽しみを見つけたりと、大勢人がいる分、運動を継続しやすいメリットがたくさんあります。
 どんなに重要な目標があると言っても、その過程を楽しんでいけない理由はありません。是非自分なりの運動の楽しみ方を見つけだす工夫をしてみてください。

前号  次号