全100回のIndexはこちら→

 第1回 「風邪の予防」

 皆さん初めまして、チャック・ウィルソンです。ようこそ "Crow's Nest" へ。
 皆さん僕のことについてはだいたい顔ぐらいはご存じでしょうか?TVで見かける乱暴そうなデカイ外人だと思っている方も多いと思います。まあそれはTVが意図するキャラクターだから仕方がない所もあるけれど、僕としてはあれは偽りの姿で、ここではその仮面を脱ぎ捨てて当初メディアを利用して本当に僕がやりたかったことをお伝えしていこうと思っています。
 僕のプロフィールに関しては、 "Chuck's ARK" の中の会社案内と Chuck's Colum の中で詳しく紹介しているので、だいたい分かって頂けると思います。主に健康な身体を維持すること、体力や筋力を向上させること、病気を予防することなどを通じて心身の健康をはかることを目的とした仕事を行なっています。TV以外にも全国各地で「心と身体の健康づくり」というようなテーマで皆さんに講演をしています。
 僕は日本中の人を少しでも健康にしたいと思って、こういう仕事を続けています。その手段の一つとして、このページからも少しずつ皆さんの役に立つようなお話しをしていきたいと思っています。

 さて、第1回目の本題に入りましょう。
 間違いなく風邪のシーズンですね。回りを見渡すと風邪をひいている人だらけ。風邪は万病の元で、風邪を1発で治す薬を発明したらノーベル賞ものともいわれているくらい。僕もよく風邪をひきます。回りの人は「えっ、チャックさんでも風邪引くの?」と聞きますけど、何とかは風邪引かないという意味なのか、身体を見て言っているのかは分かりません。
 風邪は身体の大きさや体力に関係なくどんな人でもひきます。風邪の予防には、

<うがいや手洗い/部屋の温度や湿度の調整/栄養のある食事をする/睡眠をとる>

 というのは常識ですけど、僕からもう一つのチェックポイントをご紹介しておきます。
 例えば部屋の中から外へ出たときなど、3度以上差があると、人間の身体はそれに対応することが難しいと言われています。だから、冬に部屋の暖房温度を上げ過ぎると身体に良くないというのは分かりますよね。

 そして体温というのは、全体の20%が頭から逃げてしまいます。アラスカのような寒い国の人は必ず頭にすっぽり帽子をかぶっていますね。冬の室内は暖房温度は低めに設定して、洋服で調整したり、身体を温める食事で調整するほうが身体にとっての負担は少なくてすみます。
そして僕が風邪をひく原因は「頭」。僕は毎日運動をして、その後必ずシャワーを浴びます。そのまま髪の毛が乾かないうちに外に出てしまうこともよくあります。人間の頭の後ろ、後頭部には体温を調整する機能がついています。どんなに体力がある人でも運動の後は身体が疲労している、ということは抵抗力が落ちているということです。そのとき、髪が濡れていると体温調節がうまくいかくなります。そのまま外に出たりするとまさに風邪のひきどきです。

 実際、経験のある人も多いと思います。僕のようにシャワーを浴びて、よく乾かさないまま外へでたり、真冬に朝シャンして出勤したり、部屋の暖房を止めて髪が濡れたままベッドに入ったりというときがそのタイミングです。とにかくシャンプー後は髪の毛はよく乾かしてください。どうしても時間がないときは少なくとも地肌だけはしっかり乾かしておくのも有効です。髪の毛を切ったら風邪をひいたという話も似たような理由です。

 さて、風邪については予防の話をしましたが、皆さん知力・体力・精神力という言葉をご存じですね。人間の三本柱といわれています。
 普通、知力を手に入れるためには勉強をします。社会人になるためには少なくとも12年間、さらに大学で4年間勉強する人も多くなりました。そして、大学を卒業して社会人になっても、テクノロジーの進歩が早い現代社会では、次々と勉強していないと世の中についていけません。
 そして精神力も同じです。一般には自分の精神的な鍛練をつんだり、修業をしたり、色々な経験や苦労をすることで強くなると知られています。特に日本では我慢や辛抱は美徳とされています。
 では体力は?100人に聞けば100人が大切だと答えます。健康はお金では買えないし、体力もないよりあったほうがいいと思っているはずです。

 知力・体力・精神力はどれも欠かすことが出来ません。僕が言いたいのは、知力や精神力を手に入れる努力をするように、体力や健康も手に入れる努力をして欲しいということです。健康や体力は生まれつき持っていて、何もしなくても維持できると思っていたり、たまたま運が悪くて病気になったら病院やドクターが助けてくれると思っていませんか?健康を維持するには努力が必要なんです。行動を起こさなければ手には入りません。そして、健康と体力があればこそ、努力して手に入れた知力も精神力も生かし、より一層伸ばすことができるのです。さあ、しばらくコンピュータの前に座り続けているあなたも、ちょっと外へ出て散歩でもしてきませんか?アクションを起こしてみようよ!

 次号