全100回のIndexはこちら→

 第16回 「加 齢」

 最近年令に関するニュースがいくつかありました。体力だけでなく、内臓年令を割り出すというのもや、老後のイメージについても興味深いものがありました。

 老後に対して、皆さんが持っているイメージは、『自由・のんびり・生き生き』等々。暗いものは殆ど無く、厳しい社会の中、皆さんかなり老後に期待しているようです。最近では、海外旅行だ、習い事だとアクティブな方も増えています。

 年をとると言う事は精神感覚だと思います。そう言うと「私は気持が若いから大丈夫」と胸を張る方も多いと思いますが、少し意味が違います。僕が思う精神感覚とは、まず「もう若くないから」とか、「年だから仕方がない」という諦めの感覚を持たない事。そして、健康に自信を持っている事です。健康に自信というのは、病気が無い事は理想的ですが、少なくとも外に出て活動的に動ける事、歩ける事、階段を昇れる事、といった日常生活が無理なく出来るという事です。

 中年以上になったら、日常生活を守る為の健康作りは重要です。僕を始め、中年を過ぎて運動をしていると、「もう若くないんだか気をつけてね」と親切に声をかけてくれる人もいますが、人の健康をねたんでいるように聞こえなくもありません。若くないからこそ、自分の体力にあった、健康を維持する運動が大切なんです。

 老後の生活設計という言葉がありますが、皆さん経済的な計画だけでなく、体力や健康の計画もしっかりたててください。自分の健康に自信をつけて、前向きな気持を心掛けて、明るく楽しい人生を送りましょう。

前号  次号