100回分のIndexはこちら→

 第57回 「アイアンマン情報」

 アイアンマンの予選大会も、8月25日に開催されましたカナダと韓国の大会で全ての予選が終了し、10月19日(土)朝7時のスタートを迎えるだけとなりました。

 
日本のエリート選手の中では、最後のカナダ大会で藤原選手がハワイの出場権を獲得し、これで日本人男子のエリート選手の四天王が出揃いました。宮塚選手と藤原選手が、韓国とカナダに別れて出場した事は結果的には正解だったと言えます。何故なら宮塚選手は韓国では5位という成績だった為に、ハワイの出場権を獲得する事が出来ませんでした。ロールダウンでハワイの出場権が取れたので、もし藤原選手が出ていたら二人とも、共倒れしたかも知れません。

 カナダ大会には谷選手も出場していましたが、10位という成績でした。谷選手は、7月28日に開催されたレークプラシッド大会でハワイの出場権を獲得しましたが、約1カ月で2レース消化し、ハワイまで1カ月半しかないので疲労が蓄積していなければいいのですが、過去に谷選手と同じ様にカナダに出場して、中1カ月でハワイに出場した田村選手は失速してしまいましたので、谷選手のコンディショニングが少々心配されます。

 
日本人のエージグループ選手を見ますと、今年は優勝できそうな選手が二人おります。45才から49才のクラスでは城本選手、55才から59才のクラスでは三森選手、二人とも優勝できる力を持った選手なので期待が持てます。

 海外のエリート選手を見ますと、予選大会で上位を占めているのはハワイ上位入賞者が多い様ですが、特に今年目立つのはローター・リーダー選手です。マレーシア大会3位、ブラジル大会2位、チャレンジ・ロート大会優勝、ドイツ大会優勝と大車輪です。またスペンサー・スミス選手もフロリダ大会優勝、ブラジル大会優勝と調子が良さそうです。昨年はリタイアしたので今年は上位に入ってくるのでは?ローター・リーダー選手も今年あたりは優勝できるのではないでしょうか?昨年リタイアしたピーター・リード選手は予選に一度も出場していないので故障が癒えていないのではないかと思われます。

 
女子は相変わらずロリー・ボーデン選手の強さが目立っていますが、昨年までハワイで3回優勝しているナターシャ・バッドマン選手は、予選に出てきていませんので、故障なのでしょうか?ベテラン勢ではポーラ・ニュービーフレーザー選手、ウェンディ・イングラハム選手らが頑張っています。

 男女ともにベテラン選手の頑張りが相変わらず目立ちますが、やはりハワイでは老獪な選手でないと、中々上位に入賞する事は難しい様です。
 昨年は上位入賞者の予想が半分以上当たりましたので、今年も独断と偏見で予想したいと思います。

【上位入賞候補選手(順不同、出場不明)】

男 子

女 子
 ローター・リーダー
 キャメロン・ブラウン
 トーマス・ヘリゲル
 スペンサー・スミス
 ティム・ディブーム
 ライアン・ボルトン
 オリバー・ベルンハルト
 ノーマン・スタドラー
 ステファン・ホルッナー
 キャメロン・ウィドフ
 クリス・マコーマック
 スティーブ・ラーセン
 クリストファー・マーフ
 アンドレアス・ニードリッヒ
 ピーター・リード
 ロリー・ボーデン
 カタヤ・シュモック
 ポーラ・ニュービーフレーザー
 ウェンディ・イングラハム
 フルナンド・ケラー
 ジナ・ケアー
 ニナ・クラフト
 ジョアンナ・ロー
 ジョアンナ・ツィガー
 ベス・ツィンカード
 フェザー・ファー
 ニコラ・ディブーム
 リサ・ベントリー
 カレン・スマイアー
 ナターシャ・バッドマン

前号  次号