100回分のIndexはこちら→

 第86回 「マレーシア、NZ大会」 

【アイアンマン・マレーシア】
 
マレーシア大会は2週間前まで開催されるかどうかもはっきりしませんでしたが、急きょ2月27日に開催されました。2005年度のWTCのレースカレンダーには入っておらず、開催されないだろうと思われていました。この様な状況だった為にエントリーも殆ど無く、たった44名の出場者しかありませんでしたし、ハワイ出場権の問題もはっきりしていませんでした。

 昨年までは日本人選手がハワイの出場権をかなり獲得できる人気のある大会でしたが、今回も結果的には35名のハワイ出場権が付く事になりました。急きょ出場した日本人選手は3名で、それもレース前日の土曜日にランカウイ島に到着しエントリーしたそうです。

 過去においてこのような形で予選レースが開催された事は全くありませんでした。またレースの開催が急きょ決定した為にボランティアが集まらず、昨年までのコースを変更し、スイムは昨年と同じでバイクは片道30kmを3周回、ランは片道5kmを4周回に変更して開催しました。

 レースは気温36度、湿度90%の条件下で行われ、その結果44名の出場中17名がリタイアし、完走者は27名、完走者全員がハワイの出場権を獲得した上にまだ8名分が余ったそうです。何とも嘘みたいなアイアンマン予選レースだったそうです。こんな大会があって良いのでしょうか?急きょ出場した日本人選手3名の中、男女各1名がハワイの出場権をゲットしたそうです。

【アイアンマン・ニュージーランド】
 マレーシア大会の1週間後に開催されましたニュージーランド大会は、今回が21回目の開催です。今回の見どころは男子ではキャメロン・ブラウン選手の5連覇なるか、女子ではジョアンナ・ロー選手の3連覇なるかが注目されるところでした。

 また日本人男女のエリート登録選手が7名おり、その中でもアテネオリンピックで13位に入った田山選手と、32位だった西内選手らの初アイアンマン挑戦も注目されるところでした。女子では昨年ハワイで19位の堀選手と7秒差で20位の今泉選手の再戦も見どころでした。

 昨年スタートした選手の数は995名でしたが、今年は1,165名でした。日本人選手は昨年54名しか出場しませんでしたが、今年は約100名近いエントリーがありました。レース当日の朝は肌寒さを感じるぐらいでしたが、水温は思ったより冷たくなくまずまずのコンディションでした。

 スイムは2番手で田山選手が上がり、その後から西内選手の順で、その後にキャメロン選手が続きバイクに入りました。キャメロン選手はバイクでは第2集団でゴール、ランは毎回後半過ぎでトップに立つのですが、いつもより展開が早く、今回は早々と独走になってしまい、ランスプリットを2時間48分でカバーし、8時間20分15秒のレコードタイムで圧勝し5連覇に花を添えました。この強さを見せつけられますと、ハワイでは何故勝てないのか不思議でしかたありません。女子もジョアンナ選手がバイクでトップに立ち、ランに入って独走になってしまい、9時間30分14秒のタイムで楽々と3連覇を達成しました。

 注目だった日本人エリート選手は、アイアンマン初挑戦の田山選手がスイムを2位で上がり、ランスプリットはキャメロン選手から24秒遅い2時間48分52秒の2位で総合12位という成績でした。バイクが世界のトップクラスの選手に比べかなり劣るので、今後バイクを強化して行けばかなり面白い存在になるかもしれませんが、北京を狙うよりアイアンマンを狙った方が世界で戦える選手になるかもしれません。

 女子エリートの堀選手と今泉選手の再戦は、今回は今泉選手に軍配が上がりました。スイムでは今泉選手が4分先行し、バイクで堀選手が4分縮め、タイム差が殆ど無くランに入りましたが、スタート前から堀選手に体調問題が発生し、バイクまでは苦しくても頑張ったのですが、ランは呼吸困難になり完走するのでいっぱいでした。時々発生するアレルギーで息を吸う事が出来なくなってしまうそうで、薬を使用するとドーピングに引っ掛かるので、何か良い方法が無いものか、誰か教えて欲しいとの事でした。何か妙薬があれば教えてあげてください。今泉選手もまだまだこれから3種目共に強化していかなければ世界では通用しませんが、年齢が若いので今後の精進次第では伸びる可能性を持っていると言えます。

 エージグループの選手では、男子3名と女子2名、合計5名がハワイの出場権を獲得しました。毎年、マレーシアとニュージーランドでハワイの出場権を取れた人は10月に向って一息入れる事が出来ますので、これからハワイの出場権を狙って予選に出場しようと思っている選手から見ますと、うらやましい限りです。

 今月は南アフリカ大会もあり、4月に入りますとオーストラリアとアリゾナ大会と続き、国内も宮古島大会が21回目を迎えます。2005年のアイアンマンの予選シーズンも佳境に入ってきます。

前号  次号