100回分のIndexはこちら→

 第1回 「長野オリンピック」

ボブスレー・リュージュ競技観戦ガイド
 氷上のF1と言われているボブスレー。また同じコースを使うリュージュ(木のソリで仰向けに寝て滑る)両競技共スピードは120km以上でる迫力ある競技です。

 長野のスパイラルコースは、世界で初めて上がり勾配が2ヶ所ある非常に難しいコースです。
 ボブスレーは全長2,4人乗り共に1360mで、カーブが15ヶ所あります。リュージュは男子1人乗りが1326m、女子と男子2人乗りが1194mあります。

 ボブ、リュージュの選手は、1月末までヨーロッパ各国で開催されているワールドカップを6戦(成績によりポイント獲得でスタート順が決まる)して長野に入って来ます。

 ボブの日本ティームには、今シーズンより陸上競技の元100m日本記録保持者の青戸慎司選手と昨年の日本選手権110m障害優勝者の井上将憲選手がブレーカー(一番最後にそりを押す)として加わり日本ティームのスプリントタイムが上がって来ました。

 2人の加入で過去の成績を上回ることが期待されます。又青戸選手は日本の男子として初めて夏冬オリンピックに出場することになります。


ボブスレーの見どころ
 迫力あるスタート風景は是非とも見る価値があります。ボブスレーの勝敗は、ほぼスタートのスプリントタイム(50m)で決まってしまうとも言われています。選手が大声で気合いを入れあいソリを押していく風景はものすごい迫力です。欧米でも一番観客が集まるところです。

メダルの予想

2人乗り

4人乗り
カナダ ルーダスティーム ドイツ チューダイティーム
スイス グッチティーム スイス ローナーティーム
イタリア フーバーティーム ドイツ ランゲティーム
ドイツ ランゲティーム オーストリア チョッサーティーム
アメリカ シャイマーティーム イタリア フーバーティーム
ドイツ ヴィーゼティーム アメリカ シャイマーティーム
ラトビア ブルージスティーム 大穴 ラトビア ブルージスティーム 大穴
日本 竹脇ティーム 15位前後 日本 竹脇ティーム 15位前後
鈴木ティーム 20位前後 脇田ティーム 15位前後

リュージュの見どころ
 リュージュもボブスレーと同じ様にスタートダッシュで勝敗を分けます。ただボブスレーと違うのは、ボブはそりを手で押しますが、リュージュはスタート台から出たら手で2〜3回氷をかいて(手袋に爪が付いている)初速を付けます。非常に緊張感があります。

 ボブが動ならリュージュは静というところです。コースでは第6,7カーブと第12,13カーブが選手の滑るのがよく見えます。


メダルの予想
男子1人乗り
 何といっても92年アルベールビル、94年リレハンメルと2個の金メダルを取っているドイツのハックル選手が3個目の金を取るのか、或いは同じ様に2回大会連続で銀メダルを取っているオーストリアのブロック選手が3回目にして金メダルを取ることが出来るか注目の的です。
その他メダル候補として

  • イタリア アルミン選手
  • オーストリア グラッシャー選手
  • イタリア フーバー選手
  • ドイツ ミューラー選手
  • アメリカ スコー選手
  • 日本 牛島選手 20位前後

女子1人乗り
 オーストリアのノイナー選手は92年アルベールビルで金メダル、イタリアのバイセンシュタィナー選手は94年リレハンメルで金メダルを取っています。ノイナー選手は昨年のワールドカップ長野大会で勝っています。
その他メダル候補として

  • オーストリア タグワーカー選手
  • ドイツ グラウサー選手
  • ドイツ バーバラ選手
  • ドイツ オットー選手
  • 日本 牛島選手 10位前後

 
男子2人乗り
 イタリアティーム、ドイツティーム、アメリカティーム、オーストリアティームのメダル争いとなることが予想されます。
 日本の佐々木、高橋ティームは15位前後の成績が予想されます。 
 是非スパイラルコースに応援に来てください。

 次号