100回分のIndexはこちら→

 第19回 「アイアンマンシリーズ情報」

 世界各地で開催されているアイアンマンシリーズも7月18日の第1回オーストリア大会が終了し、後は8月1日のスイスと15日のUSレークプラシッドと29日のカナダ大会を残すのみとなりました。

 現在シリーズ6戦が終了し、昨年ハワイで初優勝したカナダのピーター・リードがオーストラリア大会とオーストリア大会の二大会で優勝しており、今年も順調な仕上がりを見せております。特にオーストリア大会では、アイアンマン新記録となる7時間51分という驚異的なタイムを叩きだしており、10月23日に開催される第21回アイアンマン世界選手権大会の二連覇も夢ではありません。

 一方日本のトップ選手は、昨年抽選だった為に殆どの選手がハワイに出場できませんでしたが、今年は海外に出てハワイの出場権を取りに行く選手が多いようで、既にブラジルで男子は田村選手、女子では村上選手が出場権を獲得しております。

 その他では、宮塚選手が8月1日のスイス大会に出場。谷選手と山本選手がカナダ大会に出場し、ハワイの出場権の獲得を狙っています。又、昨年ニュージーランドでハワイの出場権を取った藤原選手は、今年は8月22日に開催される韓国アイアンマンに出場し、権利の獲得を狙っているそうです。いずれにしましても、今年は日本のトップ選手もアイアンマン世界選手権大会に出場できるのではないでしょうか。

 アイアンマン大会常連の山本光宏選手は、昨年13回目の出場権を得ながら足の故障の為にハワイ大会を欠場しました。出場していればアジア地区では一番出場回数が多かったので、欠場が非常に惜しまれました。今年に入っても足の故障の回復が遅れており、何とか出場権を獲得できるよう頑張って欲しいものです。かつて日本のロング第一人者であった山本選手の復活を期待します。

前号  次号