100回分のIndexはこちら→

 第32回 「ウエイトトレーニング−背の3」
 背中のトレーニング3回目はベントオーバーロウです。これは腰への負担が非常に大きく危険性もありますが、ゆっくりとした動作で行うので骨への影響は少ない種目です。フリーウエイトを使うので実際の身体の動きに近く、少しきつい種目ですが、効果の高いトレーニングです。

【主働筋】 広背筋・菱形筋
 三角筋と肘の屈筋群が共同的に働きます。

【フォーム】
 足は肩幅に開き、膝を軽く曲げる。上体を倒し、シャフトを肩幅よりやや広い位置で握る。肘は自然に下ろし、上体を水平に倒した位置で構える。
 身体の位置は変えずに、息を吐きながらシャフトをみぞおちへ引き上げる。ゆっくりと元に戻し、これを繰り返す。
 1で引き上げ2で戻す。動作の間、身体が動かないように注意する。
 グリップの幅を狭くすると広背筋の下部に効く。

【スポーツ】
 レスリング・柔道・ボート・野球・バスケット・ボーリング。

前号  次号