100回分のIndexはこちら→

 第43回 「ウエイトトレーニング−脚の4」

 以前に脚のトレーニングは第21〜23回で説明しましたが、その続きで今回はレッグランジを紹介します。
【主働筋】 大腿四頭筋、大臀筋
 大腿二頭筋が共働的に働きます。
【フォーム】
 

 ダンベルを両手で身体の両側に自然に下ろす。足は肩幅に開き、胸を張って上半身は運動の間安定させる。息を吸って片足を1歩前へ踏み込み、吐きながら足を元へ戻す。上体が前後左右にぐらつかないように、左右交互に行う。
 動きに慣れてきたら、歩幅を大きくし、前脚のひざの角度が90度近くまで、後ろ足はひざをまっすぐ床に向け、深く踏み込む。
 バーベルを使うときは首の後ろに乗せて行う。

 横に踏み込むサイドランジは少し浅めに行い、足を反対側へ交差させるクロスオーバーランジは軽めのダンベルのみを負荷にする。
【スポーツ】 野球、テニス、格闘技、剣道、フェンシング、陸上のハードル等。

前号  次号