100回分のIndexはこちら→

 第72回 「筋肉の痛み−D.O.M.S.」

 お正月休みに関わらず、1週間以上休んだ後のトレーニングで、以前と同じ負荷のトレーニングを行うと、たいてい2日後に痛みが出ます。これが 『D.O.M.S.』Delayed Onset Muscle Soreness です。乳酸が溜まった事とこの痛みは関連がないそうです。
 痛みは程度によって3つに分類されます。

  1. 筋の緊張が高まっている(筋線維の中の蛋白−アクティン、マイオシン-が収縮した状態で元に戻らない)
  2. 筋繊維に傷が付き、発生したストレスホルモンがその傷口に入って炎症を起す
  3. 筋肉の断裂

 1と2は原因となった種目を同じ回数、セット数で負荷は50%以下にしてトレーニングを行う事で、筋の緊張を戻し、ストレスホルモンを排除する事ができます。ほっておくと治るのに2〜3週間かかりますが、この対処法で回復を早める事が出来ます。3は治るまで安静にするしかありません。

 予防としては、トレーニング直後、スポーツマッサージで深い筋肉をほぐす事です。この場合、ストレッチでは充分とは言えません。以前ヨーロッパでは温水の中でマッサージを行っていました。お湯で表面の筋肉を緩める事で、マッサージがより深い筋肉に届くからです。

前号  次号