100回分のIndexはこちら→

 第77回 「プログラミング3」

 2回に渡ってプログラミングを目的別に説明してきました。前回は具体的な回数、セット数もご説明しましたが、今回は具体的な種目の例をあげておきます。まず3通りの組み合わせをご紹介します。

(1)ベンチプレス、スタンディングプレス、ベントオーバーロウ、パワークリーン、スクワット又はレッグプレス、プーリープッシュダウン、バーカール

(2)ダンベルベンチプレス、アップライトロウ、ラットプルダウン、デッドリフト、レッグランジ、ダンベルトライセップエクステンション、オルタネイトダンベルカール

(3)ダンベルフライ、サイドラテラルレイズ、フロントラテラルレイズ、リアラテラルレイズ、ダンベルロウ、ハイパーエクステンション、レッグエクステンション、レッグカール、トライセップキックバック、コンセントレーションカール

 一般フィットネスレベルでは(2)か(3)の種目を行います。筋量を増やしたい場合は、(1)と(2)の種目を行います。瞬発力のトレーニングでは、(1)と(2)と(3)を日によって分けて行います。
 これらの種目が全てではありませんが、組み合わせの例として参考にしてください。同じ部位のトレーニングに、目的によって違う種目を取り入れている点もチェックしてみてください。

前号  次号