100回分のIndexはこちら→

 第99回 「パーソナルトレーニング」
 最近ではどこのフィットネスクラブにも専属、もしくはフリーの外部から来るパーソナルトレーナーがいます。僕自身も週に40回位パーソナル指導をしています。ではパーソナルトレーニングの効果は何処にあるのでしょうか?

 初心者や怪我の後のリハビリ等の為にトレーナーを利用する方から、競技スポーツの為や個人的な目標と、様々な方に利用されています。パーソナルトレーナーは特別なトレーニングを教えてくれるというイメージがあると思います。現実にもトレーナーは特別な料金で雇われた以上、特別なメニューを提供する義務感からか、効果よりも見た目のパフォーマンスに走る人もいます。

 僕のお客さんの中には、自分で週に数回きちんとトレーニングをしていながら、月に1度位、指導を受けに来る方が数人います。これらの方は、ある意味では自分のやっているトレーニングのメンテナンスとして、さらにプログラムの調整の為に来られます。また、初めて予約した方が、全てのトレーニングの基本フォームを教えて欲しいと来られた事がありました。トレーニングに慣れてきて、いつの間にか基本がばらばらになってしまった事に気づいて、リセットをかける為に来られた様でした。毎回の利用でなくても賢いトレーナーの利用方法だと思いました。

 本来、常勤しているトレーナーやインストラクターがやるべき仕事ではないかという疑問もありますが、パーソナルトレーニングを受けないと、きちんとフォローしてもらえないのも現実の様です。現実である以上、トレーナーを上手に選んで利用する事を考える必要があります。一般のトレーナーが年齢が上がってくると共に、パーソナルに転向したり、エアロビクスインストラクターが同様に転向してくる事が多いようです。経験と知識がなければ出来ない仕事ですが、チェックする基準が無いので、利用する側が判断するしかありません。専門的なのか自己流なのか、指導する方を考慮しているのかパフォーマンスなのか、やはり受ける側がある程度正しい知識を身に付けて、判断するしかありません。

前号  次号