100回分のIndexはこちら→

 第100回 「自己探求」
 9年に渡ってトレーニング論から実技、プログラミングなどの説明をしてきました。僕にとってトレーニングは科学です。トレーニングは研究、経験、知識に基づくもので、流行ではなく、効果的な物を実行してきました。

 僕の45年間のトレーニング歴の中で、その科学的な情報もずいぶん変化がありました。新しい情報も、研究に基づく新たな説や発見ですから素直に受け入れてきました。

 情報以外にも、誰でも自分の精神、健康、体力、知識がと言った自分を含めた環境が変わります。入ってくる科学的な情報に対する柔軟性と、それを自分で試すこと、そして迷いながら客観的に判断することが必要です。自分に合っているかどうかは、自分の経験と知識に頼るしかありません。情報は新しいもの、覆されるものも含めて増える一方です。自分に必要かどうか、選択する必要があります。昔のギリシャ人は「己を知る」事を重視していました。自分の心身の状態を知れば、自分の行動すべきことが判断できるからです。

 今後もトレーニングに関わる情報は、どんどん新しいものが出てくるでしょう。何年か後には、このコーナーで紹介した情報が否定されているかもしれません。僕自身もこれからも新しい情報を求め、自分で試し、考えていきます。トレーニングをする人には己の探究者になってもらいたいと願って、このコーナーを閉じたいと思います。

前号